かなえのFX話とか雑談、あとマイブーム!

かなえがFXの話をしたりしなかったり、とにかくなんか喋るよっ

[アンリ・シャルパンティエ]洋菓子シュゼット絶品お取り寄せタルト

f:id:kanaE:20181028175950j:plain

f:id:kanaE:20180831143211j:plain

 

今回は3時のおやつにもディナーの後のデザートにもおすすめのアンリ・シャルパンティエの焼き菓子とタルトを紹介するぜっ

 

 

 

 

 

たった一つのお菓子から、心ときめくシーンを演出するアンリ・シャルパンティエ

f:id:kanaE:20181028182859j:plain

f:id:kanaE:20180831143150j:plain

 

アンリ・シャルパンティエは、「たった一つのお菓子から、心ときめくシーンを演出する」って理念でお菓子とかパンの製造・販売をしてる兵庫の「シュゼット」って会社が展開してる洋菓子のブランドなんだよっ

 

 

遠方に住んでるお客さんからの「アンリのケーキを配達してほしい!」って声に応えて、オンラインショップ限定のケーキの販売もしてるんだよっ

 

f:id:kanaE:20180831143111j:plain

 

「自信をもってお届けできる品」ができるまで、濃厚だけど口どけの良い食感ってのにとことんこだわって、生地とクリームのバランスをいろんな手法で試したんだって

 

 

f:id:kanaE:20180831143134j:plain

 

他にはない「濃厚さ」を味わって欲しいって思いから、レシピや素材選びに時間をかけて手間を惜しまず作り上げたってゆーアンリ・シャルパンティエのお取り寄せケーキは、家族や友人と過ごすひとときとか、遠く離れた大切な人へのギフトにもおすすめだよっ

 


オンラインショップ限定の特製ケーキ

f:id:kanaE:20181028183016j:plain

f:id:kanaE:20181028183257j:plain


チョコレートケーキ<フランボワーズ>

f:id:kanaE:20180831143111j:plain

 

たっぷりのチョコレートクリームが重なったチョコレート生地は、ふわっとクリームチーズの風味がして濃厚でコクのある味わいに仕上がってるぜ

 

f:id:kanaE:20181028183048j:plain

f:id:kanaE:20180831143120j:plain

 

「無造作なしぼりと赤いチョコレートで、モダンで品格漂うデザインに仕上げた」ってゆー甘いケーキの中に、アクセントとして入ってるフランボワーズジャムの酸味が、後味もさっぱりさせてくれるんだよっ

 

f:id:kanaE:20181028183109j:plain

チョコレートケーキへのこだわり

キャンドルやワイングラスで彩られた卓上に、気品よく置かれたチョコレートケーキ。

ちょっと落ち着いた夜のパーティーや二次会にいかがでしょうか。

そのままテーブルの中心に置けば、パーティーを彩る主役に。

小さくカットすれば、食後の「あと一口」を満たしてくれる贅沢スイーツに

 

ベルギー産クーベルチュールを贅沢に使用

口にした瞬間とろけるチョコレートの生クリーム、心地よいほろ苦さのチョコレートクリーム、北海道産のクリームチーズを加えて、生チョコのように濃厚に焼き上げたチョコレートケーキの3層を重ね合わせて、ひと口にベルギー産クーベルチュールのいろいろな表情を凝縮しました。

味のアクセントは、チョコレートの生クリームとチョコレートクリームの間にランダムに忍ばせたフランボワーズのコンフィチュール。

酸味の効果で、チョコレートの味わいがより引き立ちます

 

あざやかなフランボワーズカラーが印象的

「チョコレートケーキは茶色」というイメージを変えてみたい。

大胆にも、あざやかな「赤色」をケーキのトップにあしらいました。

この色は、アクセントにサンドした、フランボワーズのコンフィチュールをイメージしたカラー。

赤く色づけしたミルクチョコレートを「ピストレ」技法でパウダー状に。

ケーキの表面に吹き付けることで、オリジナリティに富んだスタイルに仕上げました。
食べてもおいしい、見た目にも美しい、他にはなかなか見られない、アンリ・シャルパンティエならではのこだわりです

 

よーく冷やせば、ワインやウイスキーとも相性抜群

ベルギー産のクーベルチュールをふんだんに使用したチョコレートケーキは、冷蔵庫でよーく冷やして召し上がっても美味。

口の中に入れた瞬間はひんやりですが、少しずつ溶けていくにつれて、チョコレートの香ばしいカカオ感、心地よい苦み、ミルキーな甘さがお口の中に次々と広がっていきます。

家族みんなで楽しむチョコレートケーキとしてはもちろんですが、ワインやウイスキーなどと楽しむ大人の贅沢なひとときにもぴったりです

f:id:kanaE:20181028183135j:plain

 


チーズケーキ<チェリー>

f:id:kanaE:20180831143111j:plain

 

ザクザクってゆー楽しい食感なのに、なめらかな口当たりの不思議なチーズケーキだよっ

 

f:id:kanaE:20181028183312j:plain

f:id:kanaE:20180831143130j:plain

 

「ふんわりとした食感を楽しんでいただくために」って間にスポンジをはさんでふわふわにしたケーキの中に、ダークチェリーが入っててチェリーの酸味とみずみずしさが、さっぱりとした後味を演出してくれるんだぜっ

 

f:id:kanaE:20181028183322j:plain

チーズケーキへのこだわり

テーブルの上にまるごと乗せたチーズケーキ。

ケータリングメニューとご一緒に、楽しい笑顔の集まるカジュアルなパーティーのデザートにいかがですか。

お客様とケーキのデザインとフォルムを楽しんだ後は、お好みのサイズにカッティング。

誰もが好きなシンプルな味わいに仕上げたチーズケーキは、たくさんの人が集まる、友人同士のお祝いや屋外でのガーデンパーティーなどにぴったりです

 

濃厚なチーズ感と、口の中でとろける絶妙な柔らかさ

ベイクドチーズケーキには、北海道産のクリームチーズを100%使用しました。

生乳本来の豊かな風味を生かした、ミルキーな味わいと、まろやかな塩味、口あたりのなめらかさが特徴のクリームチーズです。

濃厚なチーズの満足感を残しつつ口どけのよさを生み出すのは、アンリ・シャルパンティエ自慢のスポンジ生地。

さらに、底に敷いたクッキー生地と上にトッピングしたクランブルで香ばしさをプラスし、おいしさと食感に、アクセントをつけました

 

こんなに大きなダークチェリーが丸ごと!

こだわりのダークチェリーを贅沢にほおばってほしい。

使用したダークチェリーは、アンリ・シャルパンティエが創業当時から約40年間、ずっと販売し続けているクリスマス限定のケーキ、「フォレ・ブランシュ」と同じもの。

粒のまま丸ごと焼きこんだその量は、ケーキ一台に約50gとたっぷり!砂糖、レモン汁とごく少量のコーンスターチのみで煮込んだダークチェリーは、甘酸っぱさがたまりません。

ランダムに散りばめられたダークチェリーに出会う「わくわく感」もご一緒にどうぞ

 

甘みを残しながら、消えていく結晶

ケーキの上にトッピングされた白い塊は、「パールシュガー」というスティック状のトッピングシュガー。

そのままケーキと一緒にほおばると、カリッとした楽しい食感とスイートなおいしさが楽しめます。

そして、2、3日たつと、次第に溶けて透明に・・・。

砂糖の甘さがクランブル生地に染み込み、また違ったおいしさに変化します

f:id:kanaE:20181028183417j:plain

 

 

販売個数世界一を4連覇した珠玉の「フィナンシェ」

 

f:id:kanaE:20181028183452j:plain

f:id:kanaE:20180831143111j:plain

 

アンリ・シャルパンティエと言ったら、4年連続で年間販売個数のギネス世界記録を達成した絶品フィナンシェ

 

豊かなコクと、芳醇な風味のオリジナル発酵バター

原料には、品質管理と健康管理を徹底したすこやかな乳牛の生乳だけを使用。

また製法には、バター特有の風味が引き立ち、口どけもとてもなめらかになる本場フランス式の「前発酵」を採用。

こうして完成したオリジナル発酵バターを使用しています

 

封を開けた瞬間に広がる、アーモンドの香ばしさ

香りが強くジューシーな甘みが特徴の「アーモンドの女王」と呼ばれるマルコナ種と、香ばしいフレーバーが印象的なフリッツ種をバランスよくブレンドしています。

これらを皮付きのまま輸入し、生地に混ぜ込む直前に自社で挽くことで、より新鮮で芳醇な香りを引き出しています

 

フィナンシェおいしさの秘密

youtu.be

 

 

創業以来、素材と製法にこだわり続ける「マドレーヌ」

f:id:kanaE:20181028183527j:plain

 

f:id:kanaE:20180831143111j:plain

アンリ・シャルパンティエでは「あのマドレーヌおいしかったね」って思ってもらいたいって、美味しさを追求し続けていて「もっと、しっとり。もっと、香り高く。」を目指して材料とかレシピを見直し続けてるんだって

 

創業以来、こだわりの材料とレシピ

1969年の創業時から発売され、愛され続けているマドレーヌ。

誕生以来、素材やレシピを何度も見直し、更なるおいしさを求めてきました。

それぞれの素材が響きあって、更にふっくらしっとり、五感に訴える香り高いマドレーヌをぜひお楽しみください

 

レモンのこだわり

瀬戸内の太陽と潮風に育まれたレモンを最もおいしい旬の時期に収穫し、 熱処理を加えることなく、搾りたての果汁をそのまま凍結保存しています。

フレッシュな酸味と香りがはちみつの甘さと相まって、マドレーヌのおいしさをいっそう際立たせています

 

ふっくら感をうみだす焼き方のこだわり

おいしさを追求したマドレーヌの焼き方のポイントは2つ

1.まずはふっくらした焼き上がりにするために強火で

2.ふっくらした後は弱火でじっくり焼きあげます

その際、火が弱すぎるとふっくらせず、強すぎると焼き色が強くなってしまいます

この絶妙な火加減を製造現場で確認を行いながら、ふっくらしっとりしたこだわりのマドレーヌをお作りしております

 

 

人気商品と焼き菓子の詰め合わせ「ガトー・キュイ・アンサンブル」

f:id:kanaE:20181028183631j:plain

 

f:id:kanaE:20180831143130j:plain

 

かなえがこの前注文したのが、この定番人気お菓子と焼き菓子とクッキーの詰め合わせセット!

 

f:id:kanaE:20181028183651j:plain

f:id:kanaE:20180831143134j:plain

 

詰め合わせ内容はフィナンシェマドレーヌクレーム・ビスキュイ<プレーン、チョコレート>、プティ・ガトー・アソルテ<フィナンシェ・マドレーヌ・ミルクチョコ・キャラメル・抹茶・フレーズ・ピスターシュ・フランボワーズ>

 

f:id:kanaE:20181028183713j:plain

f:id:kanaE:20180831143155j:plain

 

どれもとっても美味しかったけど、ちっちゃい焼き菓子たちがホント美味しくて、一口サイズで食べやすいから止まらなくなっちゃったよっ

 

f:id:kanaE:20181028183736j:plain

フィナンシェ

アンリ・シャルパンティエといえば、フィナンシェ。

私たちは、そう呼ばれるにふさわしいおいしさを求めて、素材にこだわりました。

たどり着いたのは、オリジナル発酵バターと、自社挽きアーモンド

 

マドレーヌ

今のマドレーヌを、もっとしっとりさせよう。

試行錯誤の末に完成したのは、北海道産小麦のブレンド粉。

なめらかな口あたりの小麦と、弾力性のある小麦を組み合わせて、ふっくらしっとりした食感を実現しました。

さらに、よりしっとりとした食感に仕上げるため、生地の中に水分を蓄えられるよう生地量も吟味。

焼きたてに近い、絶妙な食感をお楽しみいただけます

 

プティ・ガトー・アソルテ

発酵バターが奏でるおなじみのおいしさ「フィナンシェ」と「マドレーヌ」

2種類のキャラメルパウダーを使用し、しっとり仕上げた「キャラメル」

ピスタチオのまろやかな味わい「ピスターシュ」

ほんのり甘酸っぱい木いちごの風味「フランボワーズ」

香り高い抹茶を生地に使用した「抹茶」

キャラメル風味のコクとまろやかな甘みの「ミルクチョコ」

いちごペーストを練り込み甘みと酸味の味わいが特徴の「フレーズ」

素材の違いを楽しみながら、お召し上がりください

 

クレーム・ビスキュイ

『普通のクリームサンドクッキーを想像していたので驚きました』、というお声をよく耳にします。

それが、芦屋に育てられたアンリ・シャルパンティエ流。洗練された上品な味わいを目指しました。

クッキーはよく泡立てた卵白とバターを合わせて香ばしく焼き上げたラング・ド・シャ。

そのサクッとした軽く、繊細な味わいを生かすため、中にサンドするラムレーズン入りのバタークリームも、重くならないように、口どけよく仕上げました。

程よい甘さのかろやかなテイストながら、リッチで深い風味が生きています。

プレーンとチョコレートの2種類は、どちらも甲乙つけがたいおいしさです

 

 

2種類のタルトと焼き菓子の詰め合わせ「タルト・フロマージュ・アソート」

f:id:kanaE:20181028183830j:plain

 

f:id:kanaE:20180831143111j:plain

 

大粒のフルーツがトッピングしてある贅沢タルトが入った詰め合わせもあって、チーズ風味の2種類のタルトと、フィナンシェとマドレーヌ、さくっと美味しいクレーム・ビスキュイが入ったセットだよっ

 

f:id:kanaE:20181028183858j:plain

f:id:kanaE:20180831143130j:plain

 

詰め合わせ内容はタルト・フロマージュオランジュ・フランボワーズ>、フィナンシェマドレーヌクレーム・ビスキュイ<プレーン・チョコレート>

 

タルト・フロマージュオランジュ

すっきりとしたオレンジの風味がチーズの味わいと重なるさわやかな一品です。

しっかりと焼きこんだタルトの表面に後乗せでオレンジをトッピングしました。

 

タルト・フロマージュ<フランボワーズ>

チーズと相性の良いフランボワーズソースで酸味を加えました。

トッピングにはドライのストロベリーとブルーベリーを贅沢に盛り付けています。

 

 

一度食べると虜になる「タルト・フリュイ・アソート」

f:id:kanaE:20181028183951j:plain

 

f:id:kanaE:20180831143040j:plain

 

かなえが今度注文する事を心に誓った詰め合わせが「タルト・フリュイ・アソート」

 

f:id:kanaE:20181028184006j:plain

f:id:kanaE:20180831143111j:plain

 

生のフルーツタルトみたいって絶賛する人も多いらしくて、「季節で旬なフルーツを楽しんでいただけるように」って春夏・秋冬でタルトのフレーバーが変わるんだぜっ

 

f:id:kanaE:20181028184026j:plain

春夏アプリコットと、ココナッツを使った「アブリコ・ココ」と、マンゴー・パイナップル・パパイヤを使った「マング・アナナス」

 

秋冬はチョコレート風味の生地に栗の渋皮煮を乗せた「マロン・ショコラ」と、ナッツの香ばしさが香るりんご・レーズンのタルト「ポム・キャラメル」

 

f:id:kanaE:20181028184042j:plain

それと通年でぷちぷち食感のいちじくと、オレンジ風味の生地が爽やかに香る「フィグ・オランジュと、いちご・フランボワーズ・ブルーベリーの甘酸っぱい味わいの「フリュイ・ルージュ」

 

生地とフルーツのこだわりの組み合わせ

フルーツ本来の持ち味を閉じ込めるようにじっくりシロップ煮にし、さらにフルーツごとに異なる生地を組み合わせ、味わいに奥行きとバリエーションを持たせました。

ジェノワーズ(スポンジ生地)をサンドしたり、パウンド生地にシロップをしっとり含ませ、タルト生地との食感に違いを出したり、それぞれに趣向を凝らした生地との組み合わせが、フルーツの甘みや酸味を引き立てながら、今までにない新しいおいしさを奏でます

 

生のフルーツタルトにひけをとらない、旬の風味を

彩られたフルーツの甘味や酸味、タルト生地の食感と組み合わせが美味しさを奏でる、個性的な焼き菓子を作りました

 

まるで生のケーキのような華やかさを贈る

タルトだけの詰め合わせが欲しい!というお声が商品に

生のフルーツタルトのおいしさを、どうしても定番の贈りものにしたくて。贈りものの定番といえば、焼き菓子。

そこに季節感あふれる特別な驚きを。

そんな発想から生まれたのが、タルト・フリュイです。

季節のフルーツをじっくり味わい深く仕上げて、目にも美しく、贅沢な盛りつけに。

生のフルーツタルトにひけをとらない旬のおいしさを

私たちがまず取り組んだのは、生のフルーツタルトにひけをとらない旬のおいしさの再現です。

フルーツ本来の持ち味をとじこめるようにじっくり時間をかけてシロップ煮にしたり、季節のおいしさが凝縮されたいろとりどりのドライフルーツを厳選。

さらにフルーツごとに異なる生地を組み合わせ、味わいに奥行きとバリエーションを持たせました。

ジェノワーズ(スポンジ生地)をサンドしたり、パウンド生地にシロップをしっとり含ませ、タルト生地との食感に違いを出したり、それぞれに趣向を凝らした生地との組み合わせが、フルーツの甘みや酸味を引き立てながら、今までにない新しいおいしさを奏でます

 

ひとつひとつ丁寧にフルーツをトッピング

フルーツや生地など、おいしさにこだわるのは、もちろんのこと!風味だけでなく、見た目の色合いや華やかさにも工夫を凝らしています。

大粒の果実にピスタチオやアーモンドなどアクセントになるトッピングを添えて、立体感のあるゴージャスな盛りつけに。

まさに生ケーキを仕上げるように、人の手でひとつひとつ丁寧に盛りつけています

 

f:id:kanaE:20181028184124j:plain

 

f:id:kanaE:20180914234342j:plain

 

モンブランもムースもスポンジケーキも大好きだけど、ケーキ屋さんに行ったらフルーツタルトをまずチェックするかなえちゃんとしては、「生のフルーツタルトみたいなドライフルーツのタルト」なんて、絶対気になるし食べない訳にはいかんですよっ

 

 

www.suzette-shop.jp

 

 

 

オススメ記事

re0kanakanafx.hatenablog.com